メール・LINE・電話のテクニック初級編

婚活パーティーで出合った子とお付き合いするために必要なのはなんと言っても二人の距離を縮めることです!

カップルになったからと言って、イコールすぐに彼氏・彼女の関係というのは絶対にあり得ません。
まずはメールやLINE、電話などを使ってお互いの事をよく理解していくことが重要です。絶対にカップルになったからと言って彼氏になれると勘違いしてしまってはいけません。

根本的な事ですが、婚活パーティーでカップルになった、または連絡先を交換した子との関係が進展しない最大の理由はコトを急ぎ過ぎていることにあります。

恋愛における男女の基本構造

1他人 ⇒ 2知り合い ⇒ 3友達 ⇒ 4親しい友達 ⇒ 5気になる友達 ⇒ 6好きな人 ⇒ 7恋人

通常の恋愛においては男女の関係というのはこのように推移して行く事がほとんどです。一目惚れなど特殊な例はありますが、ほぼこのような流れでお付き合いをするという男女が多いはずです。ただし、各項目の期間が長いか短いかは人それぞれですし、その期間を意図的にテクニックによって短くする事も十分に可能です。

モテる男性というのはこの流れを忠実に尚かつ、無駄の無い最短距離の流れで行なっているだけなのです。しかし、モテ無い男性といのはコトを急ぎ過ぎるために知り合いからいきなり恋人になろうと考えてしまっているのがうまくいかない原因のひとつなのです。

このステップをひとつひとつ確実に踏んで行けば婚活パーティーで知り合った女性と深い関係に発展するのはそう難しいことではないのです。

知り合いから友達になるためのメールを意識する

婚活パーティーで出合った女性というのはカップルになったとしても、単に連絡先を交換した人であっっても所詮は他人から知り合いになっただけの関係なのです。

現状ではこの知り合いという立ち位置だということを理解して、そこからまずは友達になる事を最優先しなければなりません。そのために必要なのがメールやLINEのやりとりという事になります。

ありがちなパターンとして、すぐに会おうとする人が多いです。気持ちはわからなくはありませんが、いきなりデートや食事に誘うメールを送る人が非常に多いといのは、実際に婚活パーティーで出会った女性複数人から聞いた話です。

知り合いの状態から友達になる為の第一歩は情報収集から始まります。幸いなことに街コンや合コン、JISのような相席居酒屋や合コンバーで出会った場合と比べるとすでに相手の女性の基本的な情報は婚活パーティー内で聞いたり、話したりしている状態であると思います。

という事はその情報を深堀りしていき、お相手の女性が何をすると喜ぶのか、どんな料理が好きなのか、どんなところへ行きたいのか、どのような男性が好みなのかを詳細に聞き出す事が重要となってきます。

そして、それらに関して自らも共感をすることが非常に重要です。婚活パーティーでの会話編でも説明しましたが、親密な関係になるために一番の方法は共感なのです。決して否定てきな意見を言わずにお相手の女性に共感しある種の同士のような関係になることを目指さなければなりません。

共感を得られた相手に関して女性は安心感や信頼をおけるようになっていきます。これが友達から親しい友達への第一歩なのです。

友達から親しい友達になる

単なる知り合いから友達になった次のステップとしては親しい友達になることです。この時点ではまだまだ女性にとって数多くいる男友達の一人でしかないということを強く意識しておきましょう。
友達から親しい友達、つまり何でも話せるような間柄になるというのが次のステップになるのです。

親しい友達になるためにあなたがとらなければならない行動というのが次の通りになります。

  • その女性の味方になる
  • その女性を心配・気遣う
  • その女性を応援する
  • その女性を褒める
  • その女性にとって頼れる男性になる
  • 名前やあだ名で呼ぶ・タメ語で会話する

このような内容のメールやLINEを行なう事によって二人の関係はより親しい仲へと変化していきます。上記にあげたような内容のメールやLINEによって二人の距離を少しずつ近づけていくのが目的です。この段階まで行ってはじめて二人で直接会う為にお食事やデートに誘えることになるのです。

デートやお食事に誘う具体的なテクニックはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加